通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

海外から訪れたゲストが楽しく快適に日本に滞在できるよう、細心の注意を払ってガイドをしたいと考える人にとって、全国通訳案内士試験を受験することで希望がかなうといえるでしょう。しかし、注意すべきポイントとして、全国通訳案内士試験の合格率は10パーセントをきっており、狭き門だといわれています。実は合格するためのポイントとして、1次試験に受かるかどうかがカギです。というのも、1次試験で約8割の受験者が不合格と判定されているからといえます。そのため、1次試験に的を絞った受験対策を行うことで、合格率を飛躍的に高めることができるでしょう。なお2次試験の場合、6割以上の受験者が合格を勝ち得ています。全国通訳案内士試験を受験をするに当たり、1次試験に対して徹底的に対策を行うことで、合格率を飛躍的に高めることが可能といえるでしょう。基本的に1次試験はマークシート式の筆記試験となっており、外国語での記述問題などもありますが、マークシートにおける日本の地理・歴史で躓いてしまう人が少なくありません。対して、地理や歴史などは合格したけれど、語学力がたらずに不合格となった人も多いといわれています。満遍なく勉強をすることによって合格を勝ち得るため、全体的な勉強が必要といえるでしょう。特に全国通訳案内士試験の場合、通訳に対する心構えや実務といった科目まであり、どの科目でも平均的に7割以上の合格率が必須となっています。もちろん受験した年によっては合格点が下がることはありますが、余裕を持って合格したいなら、全科目7割を目指してください。英語力やプレゼンテーション応力を磨くより前に、筆記試験をパスしなければ何も始まりません。語学力を高められるように努力するだけではなく、日本史やチリなどもマスターできるように頑張りましょう。合格して登録している全国通訳案内士のうち、過半数が英語のガイドで、韓国語や中国語が後から続きます。それ以外の言語を取得しているガイドであれば重宝されるため、語学をマスターしている自信のある人は受験してみることをおすすめします。
<<関連情報:通訳案内士試験>>