オリジナル紙袋を安く印刷・制作するなら紙袋.com

オリジナル紙袋を格安で印刷・製作するなら「紙袋.com」


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オリジナル紙袋を格安で印刷・製作するなら「紙袋.com」にお任せ下さい。年間600万枚の製作実績を生かし、オリジナル紙袋を500枚からお作り致します。自社内でお問い合わせからデザイン・印刷・検品・出荷まですべての工程をワンストップでお手伝い。

イベントやお土産の持帰り、結婚式の引き出物など紙袋を利用する機会は少なくありません。また、自社の商品を入れるオリジナル紙袋を作りたいと考えている担当者も多いです。担当者の中には紙袋は商品の衣装と考える人もいて、商品のイメージを左右する大切なアイテムと重視する傾向にあります。いまはオリジナル紙袋を専門に製造する業者も増えていて、比較的手軽に製造を依頼することが出来るようになりました。ところで一口に紙袋といってもその種類は様々です。紙袋の種類を知ることで、どのような紙袋が目的に合っているかが分かり、最適なオリジナル紙袋を選べるようになります。自動製袋とは、巻取り製袋機と呼ばれる機械を利用して作ります。トイレットペーパーを大きくしたようなロール状の紙から作り、大量製造することが出来ます。自動製袋の特徴は、上部に口折りがなくギザギザのまま手付がつけられている点が挙げられます。ロール紙1本単位での注文となることが多いため、大口ロットで発注するときに向いている商品です。Jカット式紙袋は、平判製袋機の手付部分で加工するため、オフセット印刷でコピー用紙のように平の紙で作る紙袋です。自動製袋とは異なり上部に口折りが付いていますが、内側の手付部分が綺麗に取り付けられるように、「逆のJ」の字に取り付けられていることが大きな特徴です。手貼り紙袋は、その名の通り紙袋を形にする際に手で貼り合わせたものです。作業に手間がかかりますが、厚紙にしたり大きさを自由に変えたりなど、ユーザーの要望に対して自在に対応することが出来る商品です。もし紙袋にこだわりがあるならば、手貼り紙袋にすると良いです。さらにオリジナル紙袋に使用される紙も様々あり、クラフト用紙やコート紙などがあります。環境に考慮してリサイクル紙を使用するケースも少なくありません。ただしデザインやイメージによって適切な紙は異なるため、専任スタッフと細かい打ち合わせが必要です。
<<関連情報:オリジナル紙袋>>