特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

外出時、よく看板などを目にすることも多いでしょう。看板があることで、店の名前や宣伝、いろいろな情報が目立つ位置にでているためチェックしやすいというイメージがあります。工事現場などでも、さまざまな看板を目にすることがあります。立ち入り禁止や足元注意の看板を見たことがある人もいるでしょう。基本的に、工事現場に関しては無断で立ち入ってしまうと、危険がある可能性があるため立ち入り禁止などの工事看板など目立つ位置に置いてあります。もし、仮に工事看板が目立たない位置や看板自体が地味な色をしていると、気付かずに工事現場に入ってしまう人がいるかもしれません。そのようなことを防ぐという意味でも、工事看板を目立たせるということは大切な意味を持ちます。工事をする側では、一般人に対して注意喚起をするという意味でも壁やフェンスに取りつけるタイプの看板や路面に置いて表示するタイプなどさまざまな工事看板を設置して対応してくれます。特によくつかわれるタイプとしてはスタンドタイプの看板です。これは、設置しやすいという点がメリットといえるでしょう。また、工事看板の材質や色などによっても目立ち方の違いがでてきます。色的には黄色などは目にとまりやすいため、注意をうながす看板などでは使われている色です。材質なども樹脂などをつかったスタンド看板などは工事現場ではよく目にします。スタンドタイプは、置くだけで済むので設置も楽です。近年では、キャスターなどがついているタイプの看板も増えています。キャスターがついていると移動などが比較的楽になるため、利用する側としては便利です。小規模の工事などでは、それほど大きな看板を必要としない場合があり一時的に注意をうながしたいといった場合には、折り畳み式などのコンパクトタイプの看板もあります。このように、さまざまなタイプの工事看板があるため工事によって使い分けも大切だといえるでしょう。
<<関連情報:工事看板>>